Auto Concepts Japan - オートコンセプトジャパン

アメ車・旧車の修理やチューニング、キャブセッティングから、最新モデルのROM・ECU コンピューターチューニングまで、 アメリカ本国同様のサービスを展開しています。 車両の直輸入販売や、国内欠品パーツの緊急輸入なども 承ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電子制御スロットルのレスポンスアップはチューニングの要です! 2007年 マスタング

日本において、「ECUチューニング」、「コンピューターチューニング」という言葉が
なかなか市民権を得ない背景には、「形になって何かが装着されない」から見た目の満足度が
低いという認識にあるのでしょうか?

やたら、「お奨めですよ!」「アメリカでは流行ってますよ!」と言われ
チューニングパーツを装着し、満足してしまっていることはありませんか?(涙)

ホイールやボディキット、サスペンションパーツの交換は別として、
インジェクション化されたエンジンや、電子制御ミッションのパフォーマンスを向上させるためには、
必ずと言ってよいほどその頭脳である「コンピューター」のデータを、「最適値」に変えてあげないといけないはずなのですが、残念なことに「パーツ交換のみ」で終わっているケースをよく見かけます(涙)

-----------------------------------------------------------------------------
・ものすごくお金をかけてパーツを交換しているのに、大して速くなってない(怒)
・パワーアップしているのは感じるが、どうもイメージした走りと違う・・・(涙)
-----------------------------------------------------------------------------

「パワーアップに関連するパーツの装着をしたら、コンピューターもいじらないといけないんじゃないですか?」

と尋ねると、

「パーツ装着だけでなく、コンピューターチューニングも、できますよ!」

と回答された場合、何のプログラマーを使用して、どうチューニングするのかを、確認の上、
作業依頼をしないといけません。

-----------------------------------------------------------------------------
・キャブレターを実際にチューニングしたことがないメカニックさんが、セッティングしたデータを見ると、
 燃調、点火時期、スロットルとの連動などの基本理論が理解できていないことが、すぐわかってしまいます。

・決められた数パターンしかない、市販のプログラマーを使用してセッティングしている場合、
 微妙な体感フィールに「イマイチ感」が残ってしまいます。

・セッティングの自由度が高いプログラマーを使用していて、それなりに変更している形跡は見えるのですが、
エンジンが壊れることを恐れているのか?キャブチューニングを理解している者からすると、
 とても不思議な数値でセッティングされてしまっている。
-----------------------------------------------------------------------------

上記のような場合、作業前と作業後で、大して差を感じないという結果になってしまいます。

チューニングパーツを交換する → コンピューターチューニングをした! → 満足 → でも速くなってない?? → なぜ?

このような車両を見ると、悲しくて涙がでます・・・

黒煙をモクモク出しているだけの車両を見たことはありませんか?
マフラーチップや、出口のバンパー廻りが真っ黒になっていませんか?
それが、外から見てわかる「理解できていない証明」なのです・・・

いひひひ~


さて、今回は、遥々九州から積載車でご入庫いただきました、07年 マスタングを例に、
スロットルレスポンスの重要性について、ご紹介させていただきます。

まずは、ご依頼のお手紙をお読みください。
↓↓↓
Mustang-letter

「アクセル全開で、ドッカーン!」
いいですね!この表現!私は好きですよ!

Mustang Mustang Mustang

22 インチホイールに Wilwoodのビッグブレーキ、エアサス装着でバッチリ決めている九州の車両とくれば、すぐにピン!とくる!? 2007年モデルのマスタングコンバーです。 (ちゃんと着地させて撮影しました

Mustang  

このブログでも、「くどい」ほど書かせて頂いておりますが、ACPTは現車セッティングが「絶対」です。

もちろん基本となるデータは、予め作成しておいてからのご入庫なのですが、
まったく「ノーマル」なマスタングと、ホイールやサスペンションを交換したマスタングでは、
それだけでも、乗り味が異なることは当たり前のようにご理解頂けると思います。

ということは、「アクセル踏んでドッカーン!」を実現するのに、ノーマルと同じ「データ」で良い訳がありませんね・・・
それが、「机上理論だけのデータ変更」に終わらず、
お預かりして、試乗して、その変化を確かめる「現車セッティング」に拘る理由です。

数年前から北米車のほとんどが、フライバイワイヤー・スロットルになっているのですが、
万人が乗ることを考え、安全性を考慮し、メーカーは、あえて、スロットルレスポンスを
「鈍く」設定しています。

レース車両ではないので、街乗りできる「ぎりぎり」まで過激にセッティングした結果、
あまりの反応の良さに、慣れないうちは、スロットル全開にできないかもしれませんね

ご依頼通りに馬力、トルク、ともに向上!
さらに体感フィールを向上させる為に、チューンドキャブのようなスロットルレスポンスに味付けし、
「ドッカーン」を実現しました!

ここがポイントなのですが・・・

他社様が実施しているコンピューターチューニングでは、
抜群のスロットルレスポンスが実現できていません。

先にもご説明しましたが、
「調整可能なプログラマー」を使用し、ACPTの味付けを真似しようとしても、
チューンドキャブを極めた時のセッティングを理解(経験)できていないメカニックさんであれば、
それを「電スロ」で再現することはできないのです!

英語で考えて日本語訳していますので、表現がどうしても自信過剰になっており、
不快に感じる方もいらっしゃると思いますが、

誰も反論することができない「事実」ですので、この部分は自信たっぷりに書かせて頂きます!

日本市場のコンピューターチューニング業界のレベルを高いものにしたい!
切にそう思う気持ちから、ここまで「辛口」に書かせて頂きます。


Mustang Mustang
ご指定の場所にステッカーも貼らせて頂き、作業終了です。


Mustang Mustang
積載車のお迎えで、九州までご納車です。

なかなか難しいのは、体感フィールの「好み」です。
ご納車時に微調整をすることもあるのですが、遠方のお客様ですと、そうも行きませんね・・・
状況にもよりますが、ご納車後の微調整もご相談に乗らせて頂いておりますので、ご安心ください。

ACPTに興味があるが、遠方なのでどうしようか悩んでいる・・・
・近くに専門店がなく、ACPT施工後、通常のメンテナンスができるのか?よくわからない・・・
・どのようにしたいか!文字でうまく伝えられない・・・など

関東以外にお住まいのお客様、不安、心配、お困りなことなどございましたら、
まずは、ホームページトップの「オーダーフォーム」にご記入の上、メール送信お願いします!
その後にお電話でお話をしましょう!

では、九州の I 様、インテークを K&N に交換後のインプレ、お待ちしておりますね!

ロミオ

テーマ:アメ車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/16(火) 17:26:51|
  2. フォードマスタング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<診断ミスと、誤修理が重なると軽症患者が重症患者になってしまいます 1984 C4 クロスファイアーインジェクション | ホーム | ACPTとは、段階的仕様変更が楽しめる唯一のチューニングプログラムです!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://acjblog.blog101.fc2.com/tb.php/104-85ba60dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Romitune-ロミチューン

Author:Romitune-ロミチューン
Auto Concepts Japan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。