Auto Concepts Japan - オートコンセプトジャパン

アメ車・旧車の修理やチューニング、キャブセッティングから、最新モデルのROM・ECU コンピューターチューニングまで、 アメリカ本国同様のサービスを展開しています。 車両の直輸入販売や、国内欠品パーツの緊急輸入なども 承ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

97年シボレーアストロ エアコン修理 

今年の夏は異常に暑いみたいですね。やはり、地球温暖化が原因の一つですかね~
地球温暖化の原因はいろいろありますが、フロンガスの放出は明らかにその一端を担っています。

アメリカでは、エアコンの修理は勝手にやってはいけないことになっているのをご存知ですか?

"Clean Air Act Amendments of 1990" により、National Institute for Automotive Service Excellence (ASE) または Mobile Air Conditioning Society (MACS) の資格所有者のみ、修理を認められてます。
また、資格所有者は修理の際にフロンガス回収機の使用が義務付けられてます。

義務違反者には $25,000~の罰金及び5年間の禁固刑が科せられるんですよ!!
日本ではそのような法律がないので、多くの自動車修理業者が、フロンガスの大気放出をしてしまっています・・・とっても悲しいことです・・・・

K様のアストロがエアコン修理で入庫しました!
幻のGTグリルを装着されています! GTグリルの素材は、FRPでもウレタンでもなく、償却しても有害物質がでないエコなパーツでしたね!量産されなかったのが残念です。
kanou1.jpg

オートコンセプトではA/C修理の際、環境にやさしいフロンガス回収機を使用しています! ディーラーや電装屋さん以外の修理工場ではあまり見かけませんね~
みなさん、どうされているのでしょうか?
kanou2.jpg

エアコンコンプレッサーから、ガスとオイル漏れを発見。異音もしていた為、交換しました。多くの修理工場はエアコンが冷えないからといって、すぐガスを補充します。まずはアキュムレーターの温度を確認、回路に異常がないか?を確認など正しい診断をしてほしいものです。
kanou3.jpg

kanou4.jpg

GMのエアコンシステムは、定期的に点検とメンテナンスを実施し、オイルやガスが、定量入っていれば、まず壊れることはありません・・・日本車はあまにりもメンテナンスフリーなので、エアコンのメンテを忘れがちですが、GM車では必ず実施してくださいね!
リアのエバポや配管の漏れを確認している時、リアデフピニオンシールの漏れも発見!
kanou5.jpg

急遽、交換を実施しました!早期発見!やっぱこれが一番です!
kanou6.jpg


正しいエアコン修理は修理費用がかさみません。安易な診断には、ご注意下さいね!

テーマ:アメ車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/06/19(火) 17:51:13|
  2. シボレーアストロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<92年シボレーサバーバン エアコン修理 | ホーム | アメマガに掲載されました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://acjblog.blog101.fc2.com/tb.php/4-54266dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Romitune-ロミチューン

Author:Romitune-ロミチューン
Auto Concepts Japan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。